1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事
葉山日記
1 止揚
2003年1月1日
中山 俊明 中山 俊明 [なかやま としあき]

1946年4月23日生まれ。東京・大田区で育つが中2のとき、福岡県へ転校。70年春、九州大学を卒業後、共同通信に写真部員として入社。89年秋、異業種交流会「研究会インフォネット」を仲間とともに創設、世話人となる。91年春、共同通信を退社、株式会社インフォネットを設立。神奈川県・葉山町在住。

ニックネームはTOSHI、またはiPhone-G(爺)
▲ 波乱の時代に備え? 
ことしは妻とともに農作業にも精をだす。
「ぐらぐらしますか」
ついたての向こうから声が聞こえてくる。
「抜くのは簡単なんですが…。なにしろこれ、最後の1本ですからねえ」
最後の1本、かあ…。
ここからは見えないが、寂しそうな老人の顔が想像できる。

今度は僕の番だ。
「お痛みはございませんでしたか」
この若い歯科医師の過剰敬語はいつも気になる。
「なんといいますか、これは加齢現象といいますか、お歳相応の症状で、まあ仕方がないといいますか、治療の方法がないといいますか…」。
「加齢」ねえ、うまい造語だ。これ「老化」と単刀直入に言わてしまったらけっこう傷つくだろうなあ。「老い」がじわじわとしのび寄ってくる。

じわじわで思いだしたが、最近「ゆでガエル」の逸話をあちこちで耳にする。米国から伝わった話のようだ。ある大学の授業で、教授が熱湯の煮えたぎったビーカーにカエルを入れたところ、カエルは大ジャンプしてビーカーの外へ飛び出し助かった。次に別のカエルを水のビーカーに入れじわじわと加熱したところ、温かさに油断したカエルはそのままつかり続け、とうとう湯だって死んでしまったとさーという現代版イソップ物語。

で、この「ゆでガエル」、いま苦境にある日本の経営者たちにもてはやされている。「諸君はぬるま湯に浸かっていないか。回りの厳しさに気づかないで安穏としていると、気づいたときはすでに遅し、我が社は倒産ということもあるのだぞ」。元気のない社員にハッパをかけるには、まさにうってつけの怖い話ではある。
  
だがどうだろう。「ゆでガエル」たちは、そんな脅し文句ごときで危機感をもつだろうか。たとえ、持ったところでただちに行動を起こすだろうか。ましてや、勇躍ビーカーを飛び出すカエルがいるだろうか。カエルにも個体差があるだろう。たった1度の温度変化で、迫る危険を感知するカエル、5度上がってもまったく動じないカエル。感度と能力と元気のあるカエルは、はたから言われなくてもビーカーを飛び出す。だが、大多数のカエルは何を言われようとつかり続ける。品は悪いが、カエルの面にションベンという諺もある。

はるか昔の学生時代、第2外国語で選択したドイツ語はほとんど憶えていないが、なぜかアウフヘーベン(AUF-HEBEN)という単語だけは頭の片隅に残っている。日本語では「止揚」と訳す。小さな矛盾が積もり積もって、あるときそれが一挙に顕在化する。ヘーゲルが哲学として体系化し、これをマルクスが経済理論に高めた(と記憶している)。マルクスは市場経済の諸矛盾が溜まりに溜まりきってはちきれそうになったとき、労働者が「革命」を起こして、政治体制をひっくり返すという理論を著書「資本論」のなかで展開した。「止まり」そしてあるとき爆発的に変化が起こり、「揚がる」。良い訳語ではある。皮肉にも「揚がって」できたはずの社会主義国家・ソ連はその後なくなってしまうのだが。

ぼんやり学生だった僕は、その「資本論」の講義を聴きつつ、頭のなかで冬の湖を想像していた。月明かりに照らされた、風のない夜の湖。気温がジワリジワリと下がっていく。湖面からは湯気があがっている。気温はセ氏零度を過ぎた、でも湖は凍らない。突然、鳥の羽ばたきがあたりの静けさを破る。その瞬間、ピチッと音をたてて湖面が凍る。絶対静寂のもとでは水は零度を過ぎても凍らない。凍るためには「きっかけ」「刺激」が必要なのだ。どこかで聴いたそんな話を思い出していた。そうか、たぶん「アウフヘーベン」とはそういうことなんだろう、とぼくは勝手に考えた。

じわじわと忍び寄る微妙な変化に弱いのは、なにもカエルだけではない。人間はたとえ変化に気がついても、「まだまだ大丈夫」と思い込みをきかせる分だけ始末が悪い。またはその変化に気がつかないフリをする。または過去のよき日を懐かしみ、変化を押し戻そうとする。

ここに一匹のカエルがいる。はるかかなたの美しい緑の森をみて、あっさりとビーカーを飛び出した。おかげで「ゆでガエル」にはならずにすんだが、ビーカーの外は予想を越えるうそ寒さ。このままだと「凍りガエル」になる可能性なきにしもあらず。だがコヤツ、若ガエルたちとぴょんぴょんと飛び跳ね、しかも「止揚」がそのうちやってくるさ、と信じて疑わない。

遠くの森ばかりを見て近くの木を見るのが不得意な、能天気ガエルの視線で、しばらくまわりを眺めてみよう。
最近の記事 ページトップへ
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
123 富士三昧
122 断捨離(2)
121 断捨離(1)
120 喪中につき
119 いろいろあった2014年
118 年賀状考
117 新年号準備中
116 あの日の朝
115 心に響いたことば
114 僕の海
113 ウィンドサーフィン
112 無心の境地で
111
110 64歳のスタート
109 妻との会話
108 坂の上の雲
107 「変人たち」の一瞬
106 歯みがきチューブ
105 宣告(下)
104 宣告(上)
103 とんがりコーン
102 グローバル戦略(1)
101 大臣辞任
100 なにはともあれ
99 ガラガラポン
98 野球とハリケーン
97 ある土曜日の記録
96 続・決定的瞬間
95 鳩時計(下)
94 鳩時計 (上)
93 決定的瞬間
92 HANG IN THERE
91 残すか、捨てるか
90 同窓生
89 去りゆく夏
88 東京タワー
87 立ち位置
86 エッセイ再開
85
84 侮るなかれ、恐れるなかれ
83 整理
82 孤独
81 写真家
80 鬼怒川温泉
79 夢物語
78 SOMETHING
77 還暦
76 花盗人
75 ホリエモン(下)
74 ホリエモン(中)
73 ホリエモン(上)
72 フィルムが消える日
71 新年読書三昧
70 下請け
69 蝉しぐれ
68 インターネット時代のジャーナリズム(2)
67 インターネット時代のジャーナリズム(1)
66 海坂
65 刺客
64 麻酔
63 偶然
62 六本木の病院
61 波乱万丈
60 シ・ア・ワ・セ
59 「老害」を打破せよ
58 「ライブドア」対「楽天」
57 ブログってなに?
56 ブログ戦争
55
54 不思議な「装置」
53 釈明不要
52 皇族の自己責任
51 皇太子発言
50 異常のなかの日常
49 ロバート・キャパ
48 コンテンツ(最終回)
47 コンテンツ(9)
46 コンテンツ(8)
45 コンテンツ(7)
44 コンテンツ(6)
43 コンテンツ(5)
42 コンテンツ(4)
41 コンテンツ(3)
40 コンテンツ(2)
39 コンテンツ(1)
38 下戸
37 野狐禅
36 続々・年賀状考
35 続・年賀状考
34 年賀状考
33 思考スパイラル
32 龍志の遺稿
31 冷たい風
30 先延ばし
29 「有栖川宮」
28 窮鼠、猫をかむ
27
26 リタイアメント
25 続・大胆予測
24 大胆予測
23 執筆方針やや転換
22 バングラデシュ
21 すりかえの論理
20 囚人のジレンマ
19 野合
18 便所の落書き
17 バナナとタマゴ
16 日本の景気は回復する
15 土地について考える
14 ドメイン −5
13 ドメイン −4
12 ドメイン −3
11 ドメイン −2
10 ドメイン −1
9 「19%」の意味
8 僕らの世代(2)
7 僕らの世代(1)
6 ど忘れ
5 スペースシャトル
4 80年代初頭の写真
3 ハンバーガー
2 ゆでガエル
1 止揚
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 7 5 0 0
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 2 0 3 4