1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
葉山日記
2 ゆでガエル
2003年1月5日
中山 俊明 中山 俊明 [なかやま としあき]

1946年4月23日生まれ。東京・大田区で育つが中2のとき、福岡県へ転校。70年春、九州大学を卒業後、共同通信に写真部員として入社。89年秋、異業種交流会「研究会インフォネット」を仲間とともに創設、世話人となる。91年春、共同通信を退社、株式会社インフォネットを設立。神奈川県・葉山町在住。

ニックネームはTOSHI、またはiPhone-G(爺)
▲ 今日の葉山・森戸海岸は大荒れ。ここは僕の散歩コース。去年はこの景色を見ながら瞑想にふける時間が長かったなあ。
(5日正午撮影)
年賀状にメールアドレスを付記してくれた人たちに、今年は返礼をメールで打つことにした。
『私の年頭の所感めいたエッセイを書きました。研究会のサイトでぜひ読んでください』−。
元旦にあえて「ゆでガエル」の話を書いた。厳しい日本の状況をあらためて認識し、ともにがんばりましょうというエールを込めたつもり、だった。
だが途中、「ん?」とキーを打つ手が止まった。

『会社の業務悪化により、年末にリストラとなりました』−。
おいおい、お世話になった取引先PR会社の部長さんではないか。あわてて他のハガキをめくる。
あった。
『昨年7月に会社を辞め、浪人しています』−。
高校の同期生、住宅メーカーの営業職。うーん、なぜもっとはやく知らせてくれなかった。
さらにもう1枚。
『昨年退社しました。いまは気ままに暮らしています』−。
確かぼくよりずっと若かったはずだ。コタツにもぐりこんだネコがうたたねする写真を添えているところをみると、そう心配はなさそうだ。

だがまずい。「ゆでガエル」の話は、このひとたちにはいかにもまずい。僕は、「思慮分別もなくビーカーを飛び出してしまった、元気と感度だけはあるが能力的には?マーク」の「おっちょこちょいガエル」の話に力点を置いたつもりだった。が、読みようによっては、まじめなサラリーマン(あるいは「だった」ひと)を揶揄する文章に思われてしまうかもしれない。それは本意ではない。
送信ストップ。

だがメールの反応はすばやい。すでに打ってしまった知人から返事が到着しはじめた。

『「ゆでガエル」は私の現役時代、他社の新入社員研修を7年間やった中で、毎年のように引用したものです。他社の人たちには研修で話しながら、自分自身結局は何もできず、ゆであがっていたように思います』(大企業OB)
大らかな気持ちで読んでくれた人生の先輩に感謝! ほっ。

『最近は「ゆでガエル」の世界もたいへん、たいへん厳しくなっています。ご時世でしょうねェ。中は熱くなってきているのに、外の寒波に耐える自信もない。いずれ、ゆで上がるんだろうと分かっていても、けっして外へは出られない。中には、ジャンプ力が落ちて出られないカエルもいます。こういうとき、自浄システムみたいなもんが働いて、いろいろ策が練られるんですが、やっと奇抜な対策が決まっても、ぬくぬくに慣れきってきた鉢巻きガエルが「うん」といわない。「ゆでガエル」の運命や如何に。です』(同年輩の友人)
そう。すべての組織人が現状に甘えているわけではない。そういう人たちに尊敬心をいだくことはあっても、揶揄する気持ちなど毛頭ない。それにしても「鉢巻きガエル」とは言いえて妙。

『おっしゃる「ゆでガエル」のお話、独立して初めて感じたこと、結構ありました。今年の仕事のモチベーションにつながりました』
会社を辞め、独立したばかりの若きアドベンチャー。がんばれ、恐れることはない。あなたの年齢は僕の半分にも満たない。

『「凍りガエル」にならぬようがんばります』
熟慮のすえ大企業を飛び出したが、いま株価急落のベンチャーで苦闘するあなた。この寒風はおたがい骨身にこたえますが、助けあって行きましょう。

ということで、もし僕の前回の原稿で、憂鬱になったり、傷ついたり、ムカッとしたひとがいたらごめんなさい。これを書いているカエルこそ、過去の「ゆでガエル」時代の甘えからなかなか脱することができないでいる「あまガエル」なのです。

「あなたが私の夫でなく、面白い冒険談だけを聞かせてくれる友達だったらどんなにいいだろう」−これ、僕の「つれあいガエル」のつぶやきです。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
123 富士三昧
122 断捨離(2)
121 断捨離(1)
120 喪中につき
119 いろいろあった2014年
118 年賀状考
117 新年号準備中
116 あの日の朝
115 心に響いたことば
114 僕の海
113 ウィンドサーフィン
112 無心の境地で
111
110 64歳のスタート
109 妻との会話
108 坂の上の雲
107 「変人たち」の一瞬
106 歯みがきチューブ
105 宣告(下)
104 宣告(上)
103 とんがりコーン
102 グローバル戦略(1)
101 大臣辞任
100 なにはともあれ
99 ガラガラポン
98 野球とハリケーン
97 ある土曜日の記録
96 続・決定的瞬間
95 鳩時計(下)
94 鳩時計 (上)
93 決定的瞬間
92 HANG IN THERE
91 残すか、捨てるか
90 同窓生
89 去りゆく夏
88 東京タワー
87 立ち位置
86 エッセイ再開
85
84 侮るなかれ、恐れるなかれ
83 整理
82 孤独
81 写真家
80 鬼怒川温泉
79 夢物語
78 SOMETHING
77 還暦
76 花盗人
75 ホリエモン(下)
74 ホリエモン(中)
73 ホリエモン(上)
72 フィルムが消える日
71 新年読書三昧
70 下請け
69 蝉しぐれ
68 インターネット時代のジャーナリズム(2)
67 インターネット時代のジャーナリズム(1)
66 海坂
65 刺客
64 麻酔
63 偶然
62 六本木の病院
61 波乱万丈
60 シ・ア・ワ・セ
59 「老害」を打破せよ
58 「ライブドア」対「楽天」
57 ブログってなに?
56 ブログ戦争
55
54 不思議な「装置」
53 釈明不要
52 皇族の自己責任
51 皇太子発言
50 異常のなかの日常
49 ロバート・キャパ
48 コンテンツ(最終回)
47 コンテンツ(9)
46 コンテンツ(8)
45 コンテンツ(7)
44 コンテンツ(6)
43 コンテンツ(5)
42 コンテンツ(4)
41 コンテンツ(3)
40 コンテンツ(2)
39 コンテンツ(1)
38 下戸
37 野狐禅
36 続々・年賀状考
35 続・年賀状考
34 年賀状考
33 思考スパイラル
32 龍志の遺稿
31 冷たい風
30 先延ばし
29 「有栖川宮」
28 窮鼠、猫をかむ
27
26 リタイアメント
25 続・大胆予測
24 大胆予測
23 執筆方針やや転換
22 バングラデシュ
21 すりかえの論理
20 囚人のジレンマ
19 野合
18 便所の落書き
17 バナナとタマゴ
16 日本の景気は回復する
15 土地について考える
14 ドメイン −5
13 ドメイン −4
12 ドメイン −3
11 ドメイン −2
10 ドメイン −1
9 「19%」の意味
8 僕らの世代(2)
7 僕らの世代(1)
6 ど忘れ
5 スペースシャトル
4 80年代初頭の写真
3 ハンバーガー
2 ゆでガエル
1 止揚
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 7 5 4 1
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 2 0 7 5