1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
ボーダーを越えて
79 ホンジュラス(3)ホテル・ナンキンで
2006年3月13日
雨宮 和子 雨宮 和子 [あめみや かずこ]

1947年、東京都生まれ。だが、子どものときからあちこちに移動して、故郷なるものがない。1971年から1年3ヶ月を東南アジアで過ごした後、カリフォルニアに移住し、現在に至る。ボリビアへの沖縄移民について調べたり書いたりしているが、配偶者のアボカド農園経営も手伝う何でも屋。家族は、配偶者、犬1匹、猫1匹、オウム1羽。
▲ ホテル・ナンキンの大山盛りのチャオミエンに挑戦(?)するリアリティツアー引率者のサンドラさん。
▲ 昼間はこうして賑わうサンペドロスーラの中央広場も、日が暮れるとガランとしてしまう。
▲ ハイウェイに面したレストランのガードマン。大きな銃はもちろん本物。こんなにニコニコしていて、銃を撃ったことがあるのかしらん…
ホンジュラス第2日目の夕方、集合地テグシガルパの空港に降り立つ。すらりと背の高い若い女性とお相撲さんにしてもおかしくないような体格の中年男性が出迎えに来てくれていた。ツアー引率の責任者のサンドラさんと、アスドゥルバルという珍しい名前の運転手だ。過去3年間ホンジュラスの人権問題に取り組んできたというサンドラさんはカナダ人だが、彼女の話すスペイン語にはホンジュラス訛りがあるほど現地に溶け込んでいて、知識も実践経験も豊富だとすぐわかった。

空港からさっそくホテル・ナンキンに向かった。中国系人が経営するホテルで、中華料理店が1階にある。かなりの中国人が移民として定着している中米では珍しくない。
「もう一人の参加者はすでにチェックインしてます」とサンドラさんは言った。
「もう一人? 参加者は合計4人じゃなかったの?」
ツアーは参加者が最低6名必要だと言われていたが、申し込み者は4名だった。それでホンジュラス行きは中止になるかもしれないということだったが、結局4名でも決行になったのだ。ところが土壇場になって1人がキャンセルしたという。7月のツアーには学生が集まるそうだから、2月はほとんどの人にとってお休みが取りにくいのだろう。

ツアーといっても観光ではなく、社会勉強が目的だから、費用は安いし、贅沢な所には泊まらないだろうと覚悟していた。それでもホテル・ナンキンにはちょっとびっくりした。正面ドアから入ると突き当たりがフロントになるが、それは常時鉄格子で仕切られているのだ。客室に通じる階段の入り口にも鉄格子のドアがあり、自動的に閉まって鍵がかかる。フロントの鉄格子の向こう側から従業員(といっても家族だが)にスイッチを押して開けてもらうのだ。

ホンジュラスは治安が悪いと聞いていたが、前の晩に泊まったサンペドロスーラのホリデーインは、入り口にガードマンがいたものの、ずっとのんびりした雰囲気だった。ホテル・ナンキンはガードマンは雇っていないし、建物の構造もが狙われやすいのだろう。部屋も殺風景を通り越して、すさんだ感じがする。
「参加者の数がもっと多かったら、ここには泊まらないんですけど…」と、部屋まで案内してくれたサンドラさんが少々申し訳なさそうに言った。

移動のための車代や運転手の費用など、ツアーのほとんどの費用は参加者の人数とは関係ない。参加者が少ないとどこかを詰めないと採算が合わなくなる。いや、たった3人ではツアーの運営にはすでに赤字が出ているかもしれない。それでも決行と決めてくれただけでもありがたいから、このホテルでも文句は言えない。

その日の夕食は、ホテル・ナンキンの中華にしようということになった。参加者が少ないといろいろ融通が利くので便利だ。中華料理店は世界のどこへ行ってもある。それを全部ためしてみたい。その国その国の食生活が次第に中華料理にもしみ込んで、材料も味付けも食べ方も変わっていく。その変化が実に面白いのだ。

焼きそばと野菜炒めを合わせたようなチャオミエン(炒麺のことだろう)の「大」を、サンドラさんとトーマスと私の3人で分け合うことにした。トーマスは欲張って酢豚も注文。ルイスというもう1人の参加者はおそろしく無口で引っ込み思案のおじさんで、彼だけ別にチャオミエンの「小」を注文した。

そうして出て来たチャオミエンの量の多いこと!「小」でもおとな2人分、「大」は5人分ぐらいはある。既成のカリカリそばにエビ入りの野菜炒めがたっぷりのっかっていて、特においしいとは思わなかったけれど、とにかく野菜がたくさん食べられるのはいい。あさってから田舎へ出る。そうすると葉っぱものの野菜料理には出会わなくなるので、いまのうちにできるだけ食べておこうと、全員、せっせと食べた。それでもなかなか減らない。酢豚にはご飯の代わりにパンが付いてきた(グアテマラの中華料理店でそうだった)が、これもたっぷりの量だ。

食べきれそうにないと思いながらも食べ進めていると、17〜8歳の青年が小走りに私たちのテーブルにさっと来て、小さなプラスチックの袋を自分の身体で隠しながらパッと開いた。いったい何のこと?と呆気にとられているうちに、青年は後ろを振り向いて、またさっといなくなった。
「残り物をあげてもよかったのに、そうする前に店主にとっとと追い出されちゃったわ」と、サンドラさんが慣れた調子で言った。
そういうことだったのか…。青年はホームレスで路上に生活し、食べ物乞いに来たのだ。(ボリビアでも似たような経験をしたことが2度ある。戸外レストランで、食べ残しをもらいに来たのは少年だったが。)

何となく後ろめたい気持ちで、でも、いくら頑張ってもこれ以上は食べられない、と皆が思っているところへ、別の青年がさっと現れた。残り物が無駄にならなくてよかった―と、私たちはホッとして、今度は手際よく応じた。青年が差し出した袋に、チャオミエンと酢豚を入れていると、店主がやって来て、「ここには来るな!」と青年に言った。が、彼はさっきの青年よりはるかに気が強くて、店主が立て続けに「いますぐ出て行け」と言っても、残り物を全部もらうまでは動こうとはしなかった。空腹を抱えているのだから無理もないが、レストラン側からすれば、食べ物乞いがしょっちゅう入って来たらお客の入りが減るかもしれないから、やはり困るだろう。

前の晩、サンペドロスーラの空港からホテルまで乗ったバンの窓から、大通りの歩道にしゃがみ込んだり寝っころがったりしている若者たちをかなり見た。彼らはお腹がすけば、盗みもするだろうし、ひったくりもするだろう。夜といってもまだ8時前だったのに、大通りも中央広場も、彼ら以外にはだれの姿も見えなかった。ホテル・ナンキンが客室に通じる階段の入り口に厳重な鉄格子のドアに常時鍵をかけている事情がよくわかった。

が、ホームレスの青少年たちは、いま、大きな危険に晒されている。社会浄化を叫ぶ自警団にギャングと一緒くたにされて銃殺の標的になっているのだそうだ。ブラジルの都市で警察がホームレスの青少年たちを一斉に射殺したりする事件が何度かあったが、それと同じようなことがホンジュラスでも起きているのだ。

ギャングは確かに中米社会の深刻な問題なのだ。1990年代半ばまでホンジュラスにはギャングはほとんどいなかった。が、いまでは凶悪犯罪のトップである。なぜそうなったのか? それは1995年に、ロサンジェルスの若者ギャングのメンバーたちの多くが強制送還されたからだ。1980年代から急速に勢力を増したロサンジェルスの若者ギャングは、暴力も過激になって、縄張り争いの殺し合いも頻繁になっていった。それに手を焼いたアメリカ政府は、犯罪行為で逮捕したギャングメンバーを生国に強制送還したのだ。

送還といっても、彼らはもともとホンジュラスのギャングメンバーだったのではないし、彼らにとってホンジュラスは故郷でもない。彼らの中にはスペイン語すらろくろく話せない者も少なくない。彼らは内戦に荒れるグアテマラ、エルサルバドル,ニカラグアと、その右派反革命兵士団(コントラ)の根拠地とされたホンジュラスから逃げ出した親たちに連れられて、子どものときにアメリカに(その中でもロサンジェルスに集中して)渡ったのだ。そうして故国の文化からは切り離され、アメリカ社会の主流からは閉め出されて、拠り所となる心の支えを若者ギャングに見い出したのだった。

犯罪行為で逮捕された彼らは、自分の生まれた国とはいえ、外国のようなホンジュラスに放り込まれたのだ。親類にも地域にも受け入れられず、ホンジュラスで拠り所のない彼らはギャング仲間で結束し、所属ギャングを示す入れ墨をしてギャング活動を開始したのだ。こうしてロサンジェルスのギャングのいわば支部が結成されたのだった。

アメリカが1980年代にコントラに武器を次々と投入したおかげで、銃はホンジュラス社会の隅々にまで浸透しており、ギャング活動は加速的に凶暴化した。それに対処する術がないホンジュラス政府は、鉄腕をふるってニューヨークを清浄にしたと自負するジュリアーニ元ニューヨーク市長を招いて、ギャング対策に乗り出した。その結晶が2003年8月に議会を通過して俗に「反ギャング法」と呼ばれる刑法32条だ。この法律を盾にして、警察がギャングメンバーを、いやギャングメンバーとみなしただけでも銃殺するということが頻繁に起こるようになったのだ。

「反ギャング法」が成立してから、国中がもっと安全になったかというと、そんなことはない。政府の人権無視の暴力が広がっただけである。ギャングから足を洗っても、入れ墨があれば職には就けないし、命も危ない。そこで現在、レーザー療法で入れ墨を取り除くキャンペーンが促進されている。
(その写真は、http://www.mcc.org/gallery/04_01/でご覧ください。)

アメリカ政府はゴミを外に掃き出すように、ギャングというアメリカの産物を一斉に中米に輸出したわけだ。受け取る側にある社会への影響など全く考慮せずに。おかげでホンジュラスはラテンアメリカではコロンビアに次いで最も殺人率が高い危険な国になってしまった。銀行はもちろん、ごく普通のレストランや商店まで、銃を持ったガードマンを雇って自衛している。ホテル・ナンキンが鉄格子で自衛し、暗くなるとサンペドロスーラやテグシガルパの中央広場や大通りには人がいなくなってしまうのもそのためだ。旅行中に見た新聞やテレビのニュースでは、毎日殺人事件が報道されていた。

1995年以後もロサンジェルスのギャングはなくなっていないばかりか、アメリカ中の小さな町にまで広がっており、しかもアメリカ政府のおかげで、中米にまで広大なネットワークを持つに至ったのだ。これはまさに、ギャングのグローバリゼーションだ。

私たちのテーブルに食べ残しをもらいに来たホームレスの青少年がいつまでギャングの影響を受けずにいられるのか… 私たちのホンジュラス・リアリティツアーは、ホテルから出る前にこうして始まった。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
199 お葬式
198 とうとうやって来た日、そして雨
197 思い切り生きる
196 一夜が明けて
195 ヘザーと私の日本旅行記(6 下)文楽とフグ
194 ヘザーと私の日本旅行記(6 上)ショッピング
193 ヘザーと私の日本旅行記(5)多様な日本
192 ヘザーと私の日本旅行記(4 下)河津桜と温泉
191 ヘザーと私の日本旅行記(4 上)伊豆へ向かう
190 ヘザーと私の日本旅行記(3)葉山・鎌倉
189 ヘザーと私の日本旅行記(2)江戸・かっぱ橋・オフ会
188 ヘザーと私の日本旅行記(1) 日本到着
187 生ある日々を
186 花嫁の父
185 プラチナの裏地
184 家族をつなぐ指輪
183 「血の月」を追いかけて
182 ママハハだった母
181 アジア人(下)固定観念を越えて
180 ジプシーの目
179 選挙に映ったアメリカの顔
178 とうとう、きょう
177 アジア人(上)その概念
176 海軍出身
175 特攻志願
174 お祭り
173 ありがとう、で1年を
172 クリスマスプレゼントが今年もまた
171 スージー・ウォンの世界
170 秩序の秘訣
169 黒い雲の行方
168 ドアを開けたら
167 今年もまた
166 ボリビア(7)ボリビアで和菓子を
165 ボリビア(6)パクーの登場
164 ボリビア(5)卵の力、女性の力
163 ボリビア(4)小麦の都
162 ボリビア(3)米の都
161 ボリビア(2)2つの日系移住地
160 ボリビア(1)サンタクルス
159 闇の中で
158 みんなの宝物
157 新語の中身
156 年末のご挨拶
155 ピッチピッチチャップチャップ
154 神の仕業
153 ラタトゥイユ(2)レシピ
152 ラタトゥイユ(1)
151 プティ・タ・プティの最後の1片
150 ジプシーとの知恵競争は続く
149 豊かな粗食
148 中絶抗争
147 スーザン・ボイルの勝利
146 黄昏の親子関係
145 子ども好き
144 言葉雑感(8)regift
143 言葉雑感(7)「ん」の音
142 アメリカの理想
141 ときめく日の足音
140 言葉雑感(6)ミルクとは
139 ミルクの教訓
138 年末の独り言
137 投票日日誌
136 あと3日
135 ペイリンから見えるアメリカ
134 訴訟顛末記(1)まず弁護士を
133 園遊会で
132 柔の姿勢
131 言葉雑感(5)4文字言葉
130 豪邸の住人
129 言葉雑感(4)カミはカミでも
128 言葉雑感(3)ブタ年生まれ
127 言葉雑感(2)子年のネズミ
126 言葉雑感(1)グローバルなピリピリ
125 やって来た山火事(最終回)これから
124 やって来た山火事(9)いとおしい木々
123 やって来た山火事(8)現実に直面して
122 やって来た山火事(7)焦燥の2日間
121 やって来た山火事(6)私の方舟
120 やって来た山火事(5)避難準備
119 やって来た山火事(4)止まない風
118 やって来た山火事(3)第1日目の夜
117 やって来た山火事(2)第1日目の夕方
116 やって来た山火事(1)第1日目の昼下がり
115 しあわせな1日
114 チェ
113 メキシコの息づかい
112 「石の家」
111 「バッキンガム宮殿」での晩餐会
110 ケーキ1切れ
109 「豊かさ」の中身
108 イタリアの修道僧
107 3年ぶりの日本
106 キューバ:アメリカの恥
105 キューバ:バラコア
104 キューバ:甘い歴史の苦い思い出
103 キューバ:2つの通貨
102 キューバ:近過ぎて遠い国
101 ホンジュラス(最終回)去る者,残る者
100 ホンジュラス(19)シエンプレ・ウニードス
99 ホンジュラス(18)ガリフナ放送
98 あと1年、だったら
97 無信仰者のクリスマス
96 ホンジュラス(17)ガリフナ
95 ホンジュラス(16)バナナ共和国
94 ホンジュラス(15)マヤ文明の跡
93 ホンジュラス(14)牢獄の中と外
92 ホンジュラス(13)先住民の女性たち
91 ホンジュラス(12)一番安全な町
90 ホンジュラス(11)オランチョの森(下)
89 ホンジュラス(10)オランチョの森(上)
88 金鉱の陰で(追記)カリフォルニアで
87 ホンジュラス(9)金鉱の陰で(下)
86 ホンジュラス(8)金鉱の陰で (中)
85 ホンジュラス(7)金鉱の陰で (上)
84 ホンジュラス(6)原則に沿って
83 ホンジュラス(5)農地のない農民
82 移民政争とラティノの力(続)
81 移民政争とラティノの力
80 ホンジュラス(4)消え去った人々
79 ホンジュラス(3)ホテル・ナンキンで
78 ホンジュラス(2)レンピーラ
77 ホンジュラス(1)行ってみよう
76 本物を見る
75 豊かな心
74 蝶の力
73 単刀直入
72 愛の表現
71 ベネット・バーガー
70 感謝の日
69 思わぬ道草(最終回)原点
68 思わぬ道草(19)回復に向けて
67 思わぬ道草(18)人は孤島にあらず
66 「ニューオーリーンズ」に見えたもの
65 思わぬ道草(17)一歩後退の教訓
64 思わぬ道草(16)日没症候群
63 甦生の兆し
62 ニューオーリーンズとクリスチャン
61 思わぬ道草(15)もつれた糸
60 思わぬ道草(14)彼の青い目(下)
59 思わぬ道草(13)彼の青い目(上)
58 思わぬ道草(12)ローマ鎧
57 思わぬ道草(11)看護師騒動
56 思わぬ道草(10)近くの他人
55 思わぬ道草(9)ロールバー
54 思わぬ道草(8)楽観の2日間
53 思わぬ道草(7)一人三脚
52 思わぬ道草(6)長い夜
51 思わぬ道草(5)OR
50 思わぬ道草(4)ER
49 思わぬ道草(3)常習犯
48 思わぬ道草(2)目撃者
47 思わぬ道草(1)3月14日の夕方
46 訛った英語
45 イギリスの英語
44 英語とアメリカ
43 海の中に(下)
42 海の中に(上)
41 姓というマーカー(下)
40 姓というマーカー(上)
39 国籍あれこれ:選択肢
38 国籍あれこれ:彼の場合
37 国籍あれこれ:私の場合
36 ボーダーとは
35 最終回:グローバリゼーション
34 番外編:クリスマス・ディナー
33 サンタアナの風
32 お刺身パーティー
31 アボカド泥棒
30 アボカドと生きる鳥
29 カラスのご馳走
28 三つ子の魂
27 子宝のもと?
26 アボカド探検家
25 ゴールドラッシュの波紋(下)
24 ゴールドラッシュの波紋(上)
23 海を渡って(下)
22 海を渡って (上)
21 コンキスタドール
20 アボカド事始め
19 ハースマザーの行方
18 世界アボカド会議
17 フエルテ
16 ハースマザーの木(下)
15 ハースマザーの木(上)
14 鶏より馬
13 働く人々
12 花婿の父
11 シンコ・デ・マヨ
10 「奇跡の3月」
9 アボカド形の穴
8 父親不明
7 女性花・男性花
6 トーマスのギャンブル(2)
5 トーマスのギャンブル(1)
4 成熟と完熟
3 グァカモーレ
2 アボカドさまざま
1 メックスフライ
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 7 9 3 4 8 1
昨日の訪問者数0 5 8 7 1 本日の現在までの訪問者数0 3 7 4 6