1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
葉山日記
8 僕らの世代(2)
2003年3月7日
中山 俊明 中山 俊明 [なかやま としあき]

1946年4月23日生まれ。東京・大田区で育つが中2のとき、福岡県へ転校。70年春、九州大学を卒業後、共同通信に写真部員として入社。89年秋、異業種交流会「研究会インフォネット」を仲間とともに創設、世話人となる。91年春、共同通信を退社、株式会社インフォネットを設立。神奈川県・葉山町在住。

ニックネームはTOSHI、またはiPhone-G(爺)
▲ 逆さ影富士=富士山の後ろに沈む太陽のおかげで、山の影が雲に投影されるちょっと面白い現象
JR中野駅北口のカフェ。
ひとりの写真家と向き合っている。無口である。こちらから話しかけない限り会話が進まない。話しかけて、相手は数秒考えて、それからおもむろにぽつりぽつりと返事がくる。こういう相手になると僕はふだん以上におしゃべりになる。沈黙の時間に耐えられないのだ。

「Oさんはどんな写真をお撮りになっているんですか?」
「・・・・・ネコ、ですね」
しばし沈黙。
「というと、スタジオで?」
「・・・・・いや、自宅の周辺にいる普通の・・・」
こちらをまっすぐ見てくれない。
「デジタルカメラはお使いですか」
「・・・私、デジタルでなければ写真が売れなくなったら、写真家廃業しようと思ってます」
「それはまたどうして。けっこうコンピュータにお詳しいじゃないですか」
しばし沈黙。そして両手をおもむろに宙にあげ、なにかを持つ手つきになった。

「・・・そろばんがありますね」
「はい?」
「・・・この、そろばんのタマでお金の計算をする、というところまでは理解できるんです」
「はあ」
「でもそのタマで映像を表現する、というのは許せない」
本質を突いている。1と0で成り立つデジタルはとうぜんながら数字処理にすぐれている。その数字で、かたちや色を表現しようとするものだからかなり無理が出る。
「なあるほど。おもしろい表現だなあ。よく分かりますよ。でもですよ、フィルムの銀塩画像も突きつめていくと、点の集まりじゃないですか。最終的にはアナログもデジタルも同じ点じゃないですか?」
「違いますっ」
彼らしくなく、突然きっとした表情になり、ここだけ断定的な物言いに変わった。

その晩、JR鎌倉駅に近い居酒屋「和民」。僕は5人の黒ネクタイ姿の男たちと話をしている。以前勤めていた通信社の同期生が突然なくなり、その通夜のあとだ。社の保養施設の温泉に深夜ひとりで浸かっていて脳溢血、2時間後に発見されたのだという。享年55歳。30数人の同期生でこれで4人がなくなった。ちとペースが早すぎる。

死んだ同期生に献杯し、しばらく彼の話が続いたあと、話題はいつの間にか最近の職場のことへ移っていく。ここでも「ITリテラシー」「ITデバイド」という言葉が飛びかう。ここにいるのはすべてかつての報道カメラマンだが、みないまは取材現場を離れ、コンピュータに囲まれた管理職や整理部門にいる。

「たかだか12年前だよ、当時の写真部長が『オレの目の黒いうちは職場にコンピュータを置かせない』と豪語していたのは」
「ほんとかよ。冗談じゃないぜ。いまじゃ、取材の90%がデジタルカメラ、パソコンを使えないカメラマンは現場に出そうにも出せない」
速報を要求される報道現場では、撮影即現場からのインターネット送信がごく当たり前になっているのだという。
「パソコン使えないカメラマンがいるのか?!」と僕。
「いるいる。個人としてフィルムにこだわるのはけっこう。でも会社全体の仕組がデジタルになってしまったのだから、パソコン出来ないやつを出来るやつがカバーしなくてはならない。ここが頭痛の種だ」

僕が昼間きいた「そろばん」の話を持ちだす。
「わかる、わかる」
みながいちようにうなずく。「頭痛の種」と言った男を僕がからかう。
「分かるなら、パソコンやらないというカメラマンの気持ちも分かるよな」
「分かる分からないは別だ。これは仕事だからっ」
かつての同僚はここできっぱりと言った。みな頭髪が薄くなったり、白くなっり、すっかり責任の重い「管理職」らしい顔になっている。

「このなかの誰が最初に通夜のあとの酒の肴にされるのかねえ」
この仲間たちも同じビルの中で働いていながら数ヶ月顔を会わせないことがあるそうだ。同期生の通夜でもなければ、かつての仲間たちが一同に会する機会もめったにない。

「でもこの6人のうちのだれかの通夜だったら、こんなに笑って馬鹿話する雰囲気じゃないよな」
「いいんじゃないの、笑ってさ。今晩だってあいつのおかげでさ、こうやって集まれたんだから」

デジタル革命のまっただなか。そのアナログとデジタルのはざまの最前線で悩むのが僕らの世代である。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
123 富士三昧
122 断捨離(2)
121 断捨離(1)
120 喪中につき
119 いろいろあった2014年
118 年賀状考
117 新年号準備中
116 あの日の朝
115 心に響いたことば
114 僕の海
113 ウィンドサーフィン
112 無心の境地で
111
110 64歳のスタート
109 妻との会話
108 坂の上の雲
107 「変人たち」の一瞬
106 歯みがきチューブ
105 宣告(下)
104 宣告(上)
103 とんがりコーン
102 グローバル戦略(1)
101 大臣辞任
100 なにはともあれ
99 ガラガラポン
98 野球とハリケーン
97 ある土曜日の記録
96 続・決定的瞬間
95 鳩時計(下)
94 鳩時計 (上)
93 決定的瞬間
92 HANG IN THERE
91 残すか、捨てるか
90 同窓生
89 去りゆく夏
88 東京タワー
87 立ち位置
86 エッセイ再開
85
84 侮るなかれ、恐れるなかれ
83 整理
82 孤独
81 写真家
80 鬼怒川温泉
79 夢物語
78 SOMETHING
77 還暦
76 花盗人
75 ホリエモン(下)
74 ホリエモン(中)
73 ホリエモン(上)
72 フィルムが消える日
71 新年読書三昧
70 下請け
69 蝉しぐれ
68 インターネット時代のジャーナリズム(2)
67 インターネット時代のジャーナリズム(1)
66 海坂
65 刺客
64 麻酔
63 偶然
62 六本木の病院
61 波乱万丈
60 シ・ア・ワ・セ
59 「老害」を打破せよ
58 「ライブドア」対「楽天」
57 ブログってなに?
56 ブログ戦争
55
54 不思議な「装置」
53 釈明不要
52 皇族の自己責任
51 皇太子発言
50 異常のなかの日常
49 ロバート・キャパ
48 コンテンツ(最終回)
47 コンテンツ(9)
46 コンテンツ(8)
45 コンテンツ(7)
44 コンテンツ(6)
43 コンテンツ(5)
42 コンテンツ(4)
41 コンテンツ(3)
40 コンテンツ(2)
39 コンテンツ(1)
38 下戸
37 野狐禅
36 続々・年賀状考
35 続・年賀状考
34 年賀状考
33 思考スパイラル
32 龍志の遺稿
31 冷たい風
30 先延ばし
29 「有栖川宮」
28 窮鼠、猫をかむ
27
26 リタイアメント
25 続・大胆予測
24 大胆予測
23 執筆方針やや転換
22 バングラデシュ
21 すりかえの論理
20 囚人のジレンマ
19 野合
18 便所の落書き
17 バナナとタマゴ
16 日本の景気は回復する
15 土地について考える
14 ドメイン −5
13 ドメイン −4
12 ドメイン −3
11 ドメイン −2
10 ドメイン −1
9 「19%」の意味
8 僕らの世代(2)
7 僕らの世代(1)
6 ど忘れ
5 スペースシャトル
4 80年代初頭の写真
3 ハンバーガー
2 ゆでガエル
1 止揚
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 7 5 2 1
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 2 0 5 5