1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
葉山日記
9 「19%」の意味
2003年3月23日
中山 俊明 中山 俊明 [なかやま としあき]

1946年4月23日生まれ。東京・大田区で育つが中2のとき、福岡県へ転校。70年春、九州大学を卒業後、共同通信に写真部員として入社。89年秋、異業種交流会「研究会インフォネット」を仲間とともに創設、世話人となる。91年春、共同通信を退社、株式会社インフォネットを設立。神奈川県・葉山町在住。

ニックネームはTOSHI、またはiPhone-G(爺)
▲ 米国西海岸サンディエゴ市では、毎晩蝋燭をともして戦争に抗議する集会が続いている(撮影、雨宮和子)
米英軍のイラク空爆が始まって今日で3日目。
New York TimesとCBS Newsがイラク空爆の翌日実施した電話世論調査によると、70%がブッシュのイラク政策を支持、27%が不支持だという。10日前に行なった同調査では51が%支持、42%が不支持。ということは、わずかのあいだに、戦争支持が19ポイントもアップしたことになる。

この数字はなにを意味するのだろうか。「なにはともあれわが合衆国大統領が決めた以上は団結して国策を支持」―というと聞こえはいいが、この19%というひとは常にその場の雰囲気で動いてしまういわゆる浮動層、流動層ではないか。

http://www.nytimes.com/2003/03/22/international/worldspecial/22POLL.html

いっぽう、開戦直後の朝日新聞の緊急電話世論調査によれば、米英軍のイラク攻撃について「支持しない」が59%、「支持する」が31%だという。

http://www.asahi.com/special/shijiritsu/TKY200303210294.html

2月の同社調査では、イラクへの軍事行動に78%が反対していたので、日本もアメリカどうよう開戦と同時に、「支持しない」が19ポイント減ってしまったことになり、NYタイムズ調査と数字がずばり一致する。こちらも「いろいろあるが、始めてしまった以上は仕方がない。被害を少なくして、なるべくはやくやっちゃって」という流動層なのだろうか。

緒戦の勝利で勝ち馬に乗る。こういうタイプはもし緒戦でつまずいていたらただちに馬からおりてけっとばす。つまり戦いの風向きをみて優勢な方につく。日本ではこれを戦国大名・筒井順慶の故事にちなんで「洞(ほら)が峠をきめ込む」という。

http://homepage1.nifty.com/rekisi/bushou/bushou2/junkei.htm

「赤穂浪士」が大好きだが、一方「勝てば官軍、負ければ賊軍」という現実主義もわきまえた日本人−というと学者や評論家好みのもっともらしい日本人論だが、「過去」の悲劇は美化するものの、「いま」現実の問題では利害やその場、そのときの雰囲気、大勢で動く、という人間パターンは万国共通。「19%の一致」がこのことを象徴している。ましてや今回はフセイン大統領本人が政策、行動、言論、容姿ともまごうことなき典型的悪役だから、今後の世論の推移は容易に想像がつく。米英軍が「快進撃」を続けるかぎり、日米の「19%」はさらに増えていくだろう。

政治家は、このどちらにも動きうる「19%」の人間のことがよく分かっているはずだ。自らの選挙で人間の本質をさんざん見てきたであろう現実主義者にしてみれば、この「洞が峠型人間」を自陣営に引き込むことこそが勝利への要であることを知り尽くしている。ブッシュ陣営の今後の作戦は、ピンポイント爆撃で建物等の物理的破壊を派手に進めるいっぽう、味方はもちろん敵の人的被害を可能な限り最少に抑える。特に死者、けが人の悲惨な映像がメディアから流れ出ないよう細心の注意を払うこと、だろう。「悲惨な映像」は「19%」をあっという間に「不支持」に変えてしまう。

であればフセインの戦略は明らかだ。バクダッドまでは「快進撃」を許す。首都決戦へ持ちこみ、市街地を「血で血を洗う」修羅場とする。可能な限り持久戦に持ち込み、世界世論の「救援」を待つ。そのためには、なるべく多くの民間人の血が流れてもらわなければならない。そして「悲惨な」映像が派手に世界をかけめぐってもらう必要がある。フセインにいちるの望みがあるとすれば、それは「情報戦」特に「映像戦」による反撃のみだろう。

フセインが悲劇のヒーローになれないのは明らかだが、ブッシュも悲劇のヒーローではない。なぜならこの戦争を「貿易センタービルの悲劇の復讐戦」とするには無理がある。フセインを吉良上野之介に擬するには証拠が足りない。もしブッシュのいう「神」が存在するとしたら、「神」はなにゆえに「9・11」の悲劇をアメリカに与え給うたのか。「神とは私のことか?とキリスト言ひ」という冗談にもならない話になってしまう。

では現実主義にもどって、この戦争は経済的に「損か得か」。短期的には「得」にみえるかも知れないが、この戦いを選択したことは、明らかに今後のアメリカ経済にとっても、また世界経済にとっても「損」だ。このことについてはいずれ書いてみたい。

「いまさらながら、2000年の大統領選挙のフロリダでの出来事のおそろしさに、身震いしそう」という米国在住の友人のことばに、いま僕も深くうなずく。

(3月24日夜追記)英紙サンデータイムズによれば、開戦直後の21,22両日に行なった世論調査の戦争支持率は、開戦前の36%から56%に急上昇。ここでも20ポイントアップという日米両国の調査と奇妙な符合を見せている。

http://www.timesonline.co.uk/section/0,,2086,00.html

(3月27日夜追記)

「快進撃」から一転「長期化懸念」。ニューヨーク・タイムズ紙とCBSテレビの共同調査によると、「戦争は成功裏にすぐ終わる」とみる人は62%(22日)から43%(24日)に急落。なんとまた「19%」。

http://www.asahi.com/international/update/0327/009.html
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
123 富士三昧
122 断捨離(2)
121 断捨離(1)
120 喪中につき
119 いろいろあった2014年
118 年賀状考
117 新年号準備中
116 あの日の朝
115 心に響いたことば
114 僕の海
113 ウィンドサーフィン
112 無心の境地で
111
110 64歳のスタート
109 妻との会話
108 坂の上の雲
107 「変人たち」の一瞬
106 歯みがきチューブ
105 宣告(下)
104 宣告(上)
103 とんがりコーン
102 グローバル戦略(1)
101 大臣辞任
100 なにはともあれ
99 ガラガラポン
98 野球とハリケーン
97 ある土曜日の記録
96 続・決定的瞬間
95 鳩時計(下)
94 鳩時計 (上)
93 決定的瞬間
92 HANG IN THERE
91 残すか、捨てるか
90 同窓生
89 去りゆく夏
88 東京タワー
87 立ち位置
86 エッセイ再開
85
84 侮るなかれ、恐れるなかれ
83 整理
82 孤独
81 写真家
80 鬼怒川温泉
79 夢物語
78 SOMETHING
77 還暦
76 花盗人
75 ホリエモン(下)
74 ホリエモン(中)
73 ホリエモン(上)
72 フィルムが消える日
71 新年読書三昧
70 下請け
69 蝉しぐれ
68 インターネット時代のジャーナリズム(2)
67 インターネット時代のジャーナリズム(1)
66 海坂
65 刺客
64 麻酔
63 偶然
62 六本木の病院
61 波乱万丈
60 シ・ア・ワ・セ
59 「老害」を打破せよ
58 「ライブドア」対「楽天」
57 ブログってなに?
56 ブログ戦争
55
54 不思議な「装置」
53 釈明不要
52 皇族の自己責任
51 皇太子発言
50 異常のなかの日常
49 ロバート・キャパ
48 コンテンツ(最終回)
47 コンテンツ(9)
46 コンテンツ(8)
45 コンテンツ(7)
44 コンテンツ(6)
43 コンテンツ(5)
42 コンテンツ(4)
41 コンテンツ(3)
40 コンテンツ(2)
39 コンテンツ(1)
38 下戸
37 野狐禅
36 続々・年賀状考
35 続・年賀状考
34 年賀状考
33 思考スパイラル
32 龍志の遺稿
31 冷たい風
30 先延ばし
29 「有栖川宮」
28 窮鼠、猫をかむ
27
26 リタイアメント
25 続・大胆予測
24 大胆予測
23 執筆方針やや転換
22 バングラデシュ
21 すりかえの論理
20 囚人のジレンマ
19 野合
18 便所の落書き
17 バナナとタマゴ
16 日本の景気は回復する
15 土地について考える
14 ドメイン −5
13 ドメイン −4
12 ドメイン −3
11 ドメイン −2
10 ドメイン −1
9 「19%」の意味
8 僕らの世代(2)
7 僕らの世代(1)
6 ど忘れ
5 スペースシャトル
4 80年代初頭の写真
3 ハンバーガー
2 ゆでガエル
1 止揚
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 7 4 8 8
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 2 0 2 2