1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
葉山日記
11 ドメイン −2
2003年5月8日
中山 俊明 中山 俊明 [なかやま としあき]

1946年4月23日生まれ。東京・大田区で育つが中2のとき、福岡県へ転校。70年春、九州大学を卒業後、共同通信に写真部員として入社。89年秋、異業種交流会「研究会インフォネット」を仲間とともに創設、世話人となる。91年春、共同通信を退社、株式会社インフォネットを設立。神奈川県・葉山町在住。

ニックネームはTOSHI、またはiPhone-G(爺)
▲ お疲れですねえ、日本のサラリーマン。
「あなたは恩知らずだよ」
あからさまにこんな言葉をぶつけられ、一瞬どう反応してよいか分からずどぎまぎした。

会社を辞めるに当たって社内各部への挨拶まわりをしていたときだったと思う。確かに僕はその会社で相当「いい思い」をさせてもらった。海外取材も数多く体験できたし、1年間のアメリカ留学もさせてもらった。自分でいうのもおかしいが社内では常に陽の当たる場所を歩ませてもらったのは事実だ。会社で体験したことの成果を、これからの仕事で組織に還元していく。そういう意味でなら、たしかに43歳という僕の退職は早すぎた。

さんざんいい思いをしたくせに、その会社の「恩」に応えないまま退社するのは「恩知らず」だと、相手は言おうとしているのだということに気づくまで数秒かかった。僕のことを「ちゃん」づけで呼んでいた呼称が「あなた」に変わっていた。これまでやや卑屈というか、ごますり的な態度で僕に仕事依頼をしていた彼の豹変ぶりをみて、僕はその時初めて「組織」を離れるということのさびしさ、怖さのようなものを感じてぞっとした。実力的にはまちがいなく劣る相手に、会社マーク付きの印籠を振り回されているような気分がした。

「専門分野=ドメイン」を持たないと言われる日本のサラリーマンにも、実は強固なドメインがあるではないか、と前号を書き始めてふと思った。「領地=ドメイン」。会社という領地。このドメインを守り通すことこそが日本のサラリーマンの誇りであり、生きがいである。そう考えてみると、僕のことを「恩知らず」と言った人物の言葉の意味と背景も理解ができる。彼にとっては「領地=ムラ」を途中で去ること、そのこと自体が「裏切り」なのだ。

多くの会社でリストラが進行中だ。自殺者も急増している。かつて不景気だった頃のアメリカでも解雇されたあげく猟銃自殺、といった話は日常よくきいた。しかし日本の失業問題の方が、人々や社会全体の精神に及ぼす影響はずっと大きいのではないかという気がする。なぜなら冒頭書いた「会社=領地=命」と考える人々が諸外国より日本の方がずっと多いだろうというのは経験的に明らかだからである。

その「領地」としての会社が「裏切り」を始めた。ある会社の指名退職勧奨の退職金額をきいて驚いた。定年まで7年を残す社員が勧奨に応じた場合、7000万円だという。うーむ、残りの人生遊んで暮せる。夢のような話だが、それでも頑として辞めない社員もけっこういるらしい。それはそうだ。冒頭の人物を想像して欲しい。彼にとっては自分が会社に存在する、そのこと自体が彼の事業ドメインである。。

「貴殿がこの会社にいてもなんのプラスにもならんのですよ。もしかするとここにいること自体が他への迷惑かもしれない。だったら定年までの給料ずばっと全額お渡ししますから、この村からいま消えてくれませんか? 会社は余計な人間を始末してムラをすっきりさせて再出発したいわけです。なにしろあなたが辞めてくれればイキがよくてインターネットでもなんでも来い、という新卒が3人採用できますから。貴殿が消えること自体が組織からこれまで受けた恩に報いる道ではありませんか」―会社の言いたいことは要約すればこういうことだ。

領地を守ることを生きがいとしてきた人間に「ムラを出て行け」という提案が受け入れられるはずがない。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
123 富士三昧
122 断捨離(2)
121 断捨離(1)
120 喪中につき
119 いろいろあった2014年
118 年賀状考
117 新年号準備中
116 あの日の朝
115 心に響いたことば
114 僕の海
113 ウィンドサーフィン
112 無心の境地で
111
110 64歳のスタート
109 妻との会話
108 坂の上の雲
107 「変人たち」の一瞬
106 歯みがきチューブ
105 宣告(下)
104 宣告(上)
103 とんがりコーン
102 グローバル戦略(1)
101 大臣辞任
100 なにはともあれ
99 ガラガラポン
98 野球とハリケーン
97 ある土曜日の記録
96 続・決定的瞬間
95 鳩時計(下)
94 鳩時計 (上)
93 決定的瞬間
92 HANG IN THERE
91 残すか、捨てるか
90 同窓生
89 去りゆく夏
88 東京タワー
87 立ち位置
86 エッセイ再開
85
84 侮るなかれ、恐れるなかれ
83 整理
82 孤独
81 写真家
80 鬼怒川温泉
79 夢物語
78 SOMETHING
77 還暦
76 花盗人
75 ホリエモン(下)
74 ホリエモン(中)
73 ホリエモン(上)
72 フィルムが消える日
71 新年読書三昧
70 下請け
69 蝉しぐれ
68 インターネット時代のジャーナリズム(2)
67 インターネット時代のジャーナリズム(1)
66 海坂
65 刺客
64 麻酔
63 偶然
62 六本木の病院
61 波乱万丈
60 シ・ア・ワ・セ
59 「老害」を打破せよ
58 「ライブドア」対「楽天」
57 ブログってなに?
56 ブログ戦争
55
54 不思議な「装置」
53 釈明不要
52 皇族の自己責任
51 皇太子発言
50 異常のなかの日常
49 ロバート・キャパ
48 コンテンツ(最終回)
47 コンテンツ(9)
46 コンテンツ(8)
45 コンテンツ(7)
44 コンテンツ(6)
43 コンテンツ(5)
42 コンテンツ(4)
41 コンテンツ(3)
40 コンテンツ(2)
39 コンテンツ(1)
38 下戸
37 野狐禅
36 続々・年賀状考
35 続・年賀状考
34 年賀状考
33 思考スパイラル
32 龍志の遺稿
31 冷たい風
30 先延ばし
29 「有栖川宮」
28 窮鼠、猫をかむ
27
26 リタイアメント
25 続・大胆予測
24 大胆予測
23 執筆方針やや転換
22 バングラデシュ
21 すりかえの論理
20 囚人のジレンマ
19 野合
18 便所の落書き
17 バナナとタマゴ
16 日本の景気は回復する
15 土地について考える
14 ドメイン −5
13 ドメイン −4
12 ドメイン −3
11 ドメイン −2
10 ドメイン −1
9 「19%」の意味
8 僕らの世代(2)
7 僕らの世代(1)
6 ど忘れ
5 スペースシャトル
4 80年代初頭の写真
3 ハンバーガー
2 ゆでガエル
1 止揚
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 7 5 7 8
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 2 1 1 2