1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
やもめ日記
12 猫と人間
2013年2月16日
シーラ・ジョンソン シーラ・ジョンソン [Sheila Johnson]

1937年、オランダのハーグに生まれるが、10歳のときからアメリカに在住。大学で人類学、大学院修士課程で英米文学を学び、人類学博士号を取得。高齢化問題や日本について書籍や記事を出版し、夫が創設した日本政策研究所の編集者を10年間務めた。チャルマーズ・ジョンソンが他界するまで彼と53年の結婚生活を続けた。現在サンディエゴ在住。
▲ セイジ(2012年4月)
▲ ハウスメート(左)と私(右)
Cats and People

Last year I wrote two pieces about cats I’ve owned. Of course it’s not really accurate to speak of owning a cat, since they’re such independent creatures. So let me rephrase that and say that over the last 55 years I’ve shared my bed and board with six cats: Genji and Pinkerton, Turandot, Miti and Mof, and Seiji.

去年、私のものだった猫について2回書いた。もちろん、猫は独立心が強い生き物だから、猫が私のものだなんて言うのは正確ではない。そこで言い方を変えよう。過去55年間の間に、私はゲンジとピンカートン、トゥランドット、ミティとモフ、そしてセイジという6匹の猫と寝食を共にした、と。

I described my last cat, Seiji, as my ‘compagnon de guerre,’ with whom I hoped to toddle into decrepitude. Alas, last August he was killed by a coyote. Seiji was big and fierce, but the coyote was perhaps wilier and hungrier.

猫についてのエッセイで、私は最後に飼ったセイジを、共にヨボヨボになるまでいっしょに生きていく「戦友」だと呼んだ。残念なことに、セイジは去年の8月にコヨーテに殺されてしまった。セイジは大きくて果敢だったが、コヨーテのほうがもっと狡猾でもっとお腹をすかしていたのだろう。

Much as I still miss and mourn Seiji, I don’t want to provide any more dinners for coyotes. So I was offended when some friends said, “You must go out at once and get another cat.”

セイジがいまでも恋しくて彼の死がたまらなく悲しいけれど、コヨーテにこれ以上食事を提供したくはない。だから、「すぐまた別の猫を飼いなさい」とひとにいわれたりすると、腹が立ったものだ。

“When your husband dies,” I replied (something that also happened to me two years ago) “people don’t say, ‘too bad, go out and find another.’”

「夫が死んだら」と、私は言い返した(そのことも2年前に私に起こったことだ)。「『残念ね、すぐまた別のを捜しなさい』なんて言わないでしょう」と。

But now, it seems, more people are saying just that. There are web sites springing up --one of them sponsored by a large and distinguished lobbying organization called the American Association of Retired People -- designed to help the elderly find new husbands and wives.

ところが、いまではそういうことを言う人が増えているらしい。高齢者が新しい夫や妻を捜せるようにデザインされたウェブサイトがニョキニョキ出ているのだ。そのうちの1つは、アメリカ退職者協会という大規模で著名なロビー団体がスポンサーになっている。

I think this is a very bad idea. I don’t object to late-in-life romance or even marriage, but I think online dating allows people to disguise more than they reveal about themselves, and this can lead to some very unpleasant surprises: women who are looking for money more than companionship; men who are looking for nurses rather than wives.

これには私は賛成しかねる。老いらくの恋や結婚にだって反対はしないけれど、インターネットでの出会いというのは、自分の本当の姿を見せるより偽装する余地があるからだ。そのことで非常にいやな予想外のことが起こるかもしれない。たとえば、楽しく付き合う相手よりお金が目当ての女性だったり、妻より看護師を捜している男性だったり、というような。

I’ve always been amazed by the personal ads in some of the literary magazines to which I subscribe. Many of them are written by elderly people, often women, and they invariably say something like the following: “Svelte, humorous, well-read widow, 70-years-young, good cook, loves theater, hiking, travel, seeks interesting man, 60-80, for permanent relationship.”

私が購読している雑誌の求恋人広告を見て、私はいつもあっけにとられる。その多くは年配者が書いていて、それはしばしば女性なのだが、必ずと言っていいほど、次のようなものだ。「スラリとして、ユーモアがあり、幅広く読書をし、料理が上手で、演劇とハイキングと旅行が好きな70歳の未亡人。年齢60歳から80歳の個性ある男性との永続関係を求む」

If I composed an ad of my own, it would have to begin “Wrinkled, tired, set-in-her-ways, not always cheerful widow, 76 years old, seeks” . . . but that’s my point: no one would answer such an ad, and I’ve not written one because I’m not seeking. Instead let me describe something I do believe in: luck.

私が自分の広告を書くとしたら、こんなふうに始めなくてはならないだろう。「しわくちゃで、くたびれていて、頑固で、いつも陽気とはいえない76歳のやもめ」ということなのだが、それで明らかな通り、だれもそんな広告に応じないにちがいない。そして、私は恋人探しなどしていないので、広告を書いたこともない。その代わり、私が信じるものについて説明しよう。運のことだ。

Three months after my husband died, I’d done all the usual, socially expected things: given away his clothes and books to various good causes; gone to a lawyer to write a new will; contacted friends to tell them the bad news. And then I wondered what to do next. Some people advised me to travel; others to move into a retirement community; but I was not much inclined to do either. I loved my house, my cat, my neighborhood; and I’d just begun to recover my peace of mind enough to start reading and writing again. Of course it was lonely without anyone to talk to or share a meal with, and the house was really too large for just one person.

夫が亡くなってからの3ヵ月の間、私はやるべきこととされていることをすべてやった。つまり、夫の服や本は適切なところに分けたり寄付したりし、新しい遺書を弁護士に書いてもらい、悲しい知らせを友人たちに送った。それが済んで、さて、次に何をしようかと考えた。旅行しなさいと勧めた人もいた。高齢者の施設に移ったらいいと言う人もいた。でも私はそのどちらもする気にはなれなかった。私には自分の家と、自分の猫と、自分の住む地域がよかったのだ。また、私には、読書や執筆を始められるだけの心の平穏さがやっと戻ってきていたのだ。もちろん、話したりいっしょに食事をしたりする人がいないのは寂しいし、この家は一人で住むには大き過ぎた。

And then, one day, I got an email from a woman I’d never met. She was the mother of the young couple who lived next door to me with their 3-year-old boy and a 1-year-old girl, and she’d moved in with them to help look after her grandchildren. She said she’d like to meet me, so I invited her for tea. I think we must have talked for about an hour, during which time we discovered we liked each other and agreed politically. As she was leaving she told me she was looking for a room to rent in the neighborhood because she wanted to give her son and daughter-in-law some privacy and, she said, she didn’t want to be ‘on call’ all the time. That made good sense to me, and so, on the spur of the moment, I said, “Perhaps you should come upstairs and see what I have to offer.”

そうこうしていたある日、まだ1度も会ったことのない女の人からメールが来た。その人は、お隣に住む3歳の男の子と1歳の女の子のいる若夫婦の母親で、孫たちの世話を手伝うために引っ越してきたのだった。1度会いたいと言うので、私は彼女をお茶に呼んだ。1時間ぐらい話したと思うが、その間、お互いが気に入り、政治的意見も一致していることがわかった。彼女は帰り際に、この近所で間借りさせてくれる家を捜しているのだと言った。息子と義理の娘にプライバシーを与えたいし、また彼女自身、孫の世話がいつでもできるように待機しているというのはしたくないからだという。それはもっともだと思った私は、急に思い立って、「ちょっと2階に上がって、あなたの希望に応えるものがあるかもしれないかどうか、見てみたらいいわ」と言った。

That was more than two years ago, and we have become very companionable ‘house-mates.’ But we take nothing for granted. When she first moved in, she came with a large suitcase and several boxes and I said, amazed, “Is that all?” As it turned out, she did have a few more things stored in her son’s garage -- a computer, a sewing-machine, some winter clothes -- but these arrived more gradually as I realized she needed more space to call her own. The key word in our relationship, I think, is space -- physical space, intellectual space, emotional space. That’s quite different from the sort of bond one usually forms in a marriage. It is, in fact, rather similar to the relationship between a human being and a cat, except it’s more fun because you can exchange ideas and gossip with a human being, go to movies together, and take turns doing the cooking.

それは2年以上前のことで、私たちは気の合う「ハウスメート」になった。でも、何事も当然とは受け取らない。最初に引っ越してきたとき、彼女が持ってきたのは大きなスーツケース1つと箱をいくつかだけだったので、私は呆気にとられて、「それだけ?」と言ったものだ。実際には、彼女はもうちょっといろいろなもの――コンピューターやミシンや冬服など――を息子の家のガレージに置いてきたのだった。それらは少しずつ、彼女にはもっと自分自身の空間が必要だと私が気が付くにつれて持ち込まれた。私たちの関係で重要なことは、一言で言うと、空間だと思う。物理的空間、知的空間、感情的空間といういろいろな空間だ。それは夫婦が結ぶ絆とはかなり違う。むしろ、人間と猫との関係に似ている。が、人間とは考えていることを話し合ったり、うわさ話をしたり、いっしょに映画に行ったり、お料理を交代でやったりできるから、もっと楽しい。

Old people get prickly and are perhaps not well-suited for new intimate relationships. I often think about that old joke: “How do porcupines make love?” The answer is “Very, very carefully.”

年を取ると起こりっぽくなったりして、新しい親密な関係にはあまり向いていないかもしれない。それでよく昔からの冗談を思い出す。「ヤマアラシはどうやって愛撫する?」答えは「うんと、うんと気を付けて」


(訳:雨宮和子)
(写真提供:バリー・キーン、フラン・コンクリン)
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
23 チャルマーズ・ジョンソンと沖縄
22 ジョン(下)
21 ジョン(上)
20 ポリー
19 さらば、オランダ
18 いとこのハンス ―その後(2)
17 いとこのハンス − その後(1)
16 いとこのハンス
15 子どもを持たなかった理由
14 口を開く前に…
13 猫になったのかもしれない私
12 猫と人間
11 ヨコハマ・ヤンキー
10 前を向くか、後ろを向くか
9 アリゾナ展望
8 旧知の仲
7 愛した猫たち(下)
6 愛した猫たち(上)
5 フクシマとサンオノフレ
4 日本語ができない私
3 吉祥寺 ― 1961年と50年後
2 チャルのベンチ
1 死を迎えるためのビジネス
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 6 5 0 4
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 1 0 3 8