1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
葉山日記
15 土地について考える
2003年6月26日
中山 俊明 中山 俊明 [なかやま としあき]

1946年4月23日生まれ。東京・大田区で育つが中2のとき、福岡県へ転校。70年春、九州大学を卒業後、共同通信に写真部員として入社。89年秋、異業種交流会「研究会インフォネット」を仲間とともに創設、世話人となる。91年春、共同通信を退社、株式会社インフォネットを設立。神奈川県・葉山町在住。

ニックネームはTOSHI、またはiPhone-G(爺)
▲ 植物は正直。手をかけた分だけ応えてくれる。
(自宅庭で)
結婚したとき住んでいたのが仙台(団地)。その後、東京都・清瀬市(団地)→同・府中市(団地)→同・町田市(一戸建て新築)→神奈川県・葉山町(一戸建て新築)→米国ニューヨーク州チャパクア(一戸建て中古購入)→神奈川県・鎌倉市(賃貸アパート)→同・葉山町(中古一戸建て購入)。これがわが家の引越しの歴史である。

1回の人生で新築2回、中古購入2回、つまり一戸建てのマイホームを計4回購入したというのは、あまり聞いたことがない。あるひとは僕のことを[不動産転がし」と冷やかすが、転がしというのは転売による利益を目的とする行為だろう。僕の場合の転居は利殖行為とはまったく関係がない。現に「転がす」ことによって損はたくさんしたが、もうかったためしがない。衣食住のなかでなににいちばん興味があるかと問われれば僕は躊躇なく「住」と答える。つまり引越し自体が好きなのである。

4年前に無くなった父は生涯自分の家を持つことがなかった。転職を繰り返し(たぶん20回くらい職を変えたのではないかと思う)、転職に合わせ住居を変えた。その影響か、はたまたDNAか、僕自身ひとところに5年いると飽きてくる。町田、葉山、アメリカの家、そういえばいずれもちょうど5年住んだ。アメリカから帰って購入した今の葉山の家は、例外的に?すでに7年住んでいる。とうぜん引越し虫はうずきだしているが、残念ながら経済状況がそれを許さない。

町田にはじめて自分の家を建てたとき、当時勤めていた会社の先輩に「お前ももうおしまいだな」と言われ内心ズキリと来るものがあった。家を建てるということは守りの人生に入ることを意味するー無頼派の先輩は言外にそれを言いたかったのだろう。ところが僕自身の生き方は守りにはいるどころか、それいらい「攻め」一方だ。くだんの先輩はというと、その後社内でそれなりの「出世」をした。サラリーマンとしてうまく、または要領よく生きたのだと思う。無頼派と思っていた彼が、実は出世志向派で、若くして堅実の生き方に入ったと批判された僕が、無頼的な生き方をしている。人の生き方とはわからないものだ。

では僕にとって、土地を買い、その上に家を建てる、ということはいったい何を意味するのか。もとより天からの授かりものである土地に線を引き、その人為的な線で囲まれた平面を個人が私有する。虚しいものだな、と思う。地球の長い長い歴史の一瞬をわれわれは生きている。その一瞬のなかでひと坪がいくらの、ローンがどうのこうの、宇宙的視点でみるとなんと愚かしい行為であろう。

だからこそ、人々が土地や家にこだわる気持ち、つまりつまらぬ所有欲というものを揶揄してしまいたい気持ちが僕にはある。土地といえども、他の商品のごとく、こだわらず気楽に捨て、気にいったものに買い換えていく。死んだら、神様にお返しすればいい。そもそも地球の一部を自分だけのものしようなんて、根性がいけねえ。

ところがである。車で十分ほどの山の中に週末菜園を借りた。赤土で地味が悪く、うまく育たない。腐葉土を大量に鋤きこんで、地質改良してやらないとだめだ。相当な時間と労力を必要とする。しかし、その気が起きない。しょせん借り物ではないか、いずれは地主にお返しする土地だ。

いっぽうで土地を所有することの愚かしさ、虚しさを感じるのに、自分の所有物でない土地には愛情を感じない。これは大矛盾ではないか。子孫のために美田を残さず、と言ったのは西郷隆盛だったと思うが、僕もこの考えを持論にこれまで生きてきた。

しかし待てよ。自分の庭地の土質改良には喜びを感じるのに、借地にそれを感じない自分はなんだ。これはつまり、ぼくがつまらぬ、と言って唾棄してきた、その所有欲のなせるわざなのか。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
123 富士三昧
122 断捨離(2)
121 断捨離(1)
120 喪中につき
119 いろいろあった2014年
118 年賀状考
117 新年号準備中
116 あの日の朝
115 心に響いたことば
114 僕の海
113 ウィンドサーフィン
112 無心の境地で
111
110 64歳のスタート
109 妻との会話
108 坂の上の雲
107 「変人たち」の一瞬
106 歯みがきチューブ
105 宣告(下)
104 宣告(上)
103 とんがりコーン
102 グローバル戦略(1)
101 大臣辞任
100 なにはともあれ
99 ガラガラポン
98 野球とハリケーン
97 ある土曜日の記録
96 続・決定的瞬間
95 鳩時計(下)
94 鳩時計 (上)
93 決定的瞬間
92 HANG IN THERE
91 残すか、捨てるか
90 同窓生
89 去りゆく夏
88 東京タワー
87 立ち位置
86 エッセイ再開
85
84 侮るなかれ、恐れるなかれ
83 整理
82 孤独
81 写真家
80 鬼怒川温泉
79 夢物語
78 SOMETHING
77 還暦
76 花盗人
75 ホリエモン(下)
74 ホリエモン(中)
73 ホリエモン(上)
72 フィルムが消える日
71 新年読書三昧
70 下請け
69 蝉しぐれ
68 インターネット時代のジャーナリズム(2)
67 インターネット時代のジャーナリズム(1)
66 海坂
65 刺客
64 麻酔
63 偶然
62 六本木の病院
61 波乱万丈
60 シ・ア・ワ・セ
59 「老害」を打破せよ
58 「ライブドア」対「楽天」
57 ブログってなに?
56 ブログ戦争
55
54 不思議な「装置」
53 釈明不要
52 皇族の自己責任
51 皇太子発言
50 異常のなかの日常
49 ロバート・キャパ
48 コンテンツ(最終回)
47 コンテンツ(9)
46 コンテンツ(8)
45 コンテンツ(7)
44 コンテンツ(6)
43 コンテンツ(5)
42 コンテンツ(4)
41 コンテンツ(3)
40 コンテンツ(2)
39 コンテンツ(1)
38 下戸
37 野狐禅
36 続々・年賀状考
35 続・年賀状考
34 年賀状考
33 思考スパイラル
32 龍志の遺稿
31 冷たい風
30 先延ばし
29 「有栖川宮」
28 窮鼠、猫をかむ
27
26 リタイアメント
25 続・大胆予測
24 大胆予測
23 執筆方針やや転換
22 バングラデシュ
21 すりかえの論理
20 囚人のジレンマ
19 野合
18 便所の落書き
17 バナナとタマゴ
16 日本の景気は回復する
15 土地について考える
14 ドメイン −5
13 ドメイン −4
12 ドメイン −3
11 ドメイン −2
10 ドメイン −1
9 「19%」の意味
8 僕らの世代(2)
7 僕らの世代(1)
6 ど忘れ
5 スペースシャトル
4 80年代初頭の写真
3 ハンバーガー
2 ゆでガエル
1 止揚
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 7 4 9 2
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 2 0 2 6