1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
やもめ日記
24 Looking Ahead 新年に向けて
2018年1月1日
シーラ・ジョンソン シーラ・ジョンソン [Sheila Johnson]

1937年、オランダのハーグに生まれるが、10歳のときからアメリカに在住。大学で人類学、大学院修士課程で英米文学を学び、人類学博士号を取得。高齢化問題や日本について書籍や記事を出版し、夫が創設した日本政策研究所の編集者を10年間務めた。チャルマーズ・ジョンソンが他界するまで彼と53年の結婚生活を続けた。現在サンディエゴ在住。
▲ 思い切ってショートカットにした最近の私。
I think I’m not the only person in the world to have gloomy thoughts about the past year and prospects for the year that has just begun. This is not merely thanks to President Trump and his many foolish and dangerous remarks and policies, but also other world events. Brexit is proceeding even though it will have serious detrimental effects on both Britain and the EU. Genocidal conflicts are producing death, disease, and starvation in Yemen, Syria, Chad, Myanmar and elsewhere. Global warming continues.
過ぎ去った年に関する憂鬱な思いと始まったばかりの年に対する懸念を持っているのは世界で私だけではないだろうと思う。これはトランプ大統領と彼の愚かで危険な発言や政策だけではなく、世界の出来事のせいだ。ブレグジットはイギリスとヨーロッパ連合に深刻な悪影響をもたらすだろうけれど、進められている。大虐殺的な紛争は多数の死や病疫や飢餓をイェメンとシリア、チャド、ミャンマー、その他の地域で 生んでいる。

What can we hope for in such a world? What can we do to make it better? As someone who just passed her 80th birthday last March, who has been a widow for seven years, and who has no children or grandchildren to worry about, I have no real personal stake in the future. And because I live in a large, comfortable house in a lovely climate, surrounded by good friends, books, and music, I’m in no imminent danger or distress. My late husband once drew my attention to a beautiful mosaic floor from a Roman villa in southern Spain and said, “Look at this date -- 455 AD. It’s the exact year that the Vandals entered and looted Rome. This proves that one can still have a good life if one lives on the periphery of an empire!” He was thinking of the American empire, its attempts to dominate the post-World War II world, and the many futile wars we have fought since 1945.
そういう世界で一体どんなことを望めるだろうか。もっといい世界にするには何ができるだろうか。去る3月に80歳を迎え、7年間やもめ暮らしをし、心配のタネの子供も孫もいない者として、私は未来に振り回されるようなものは何もない。そして、素晴らしい気候の大きな快適な家に住んでいて、いい友人たちや本や音楽に囲まれているから、私は危険や心配事にさらされてもいない。亡くなった私の夫は、スペイン南部にあるローマ帝国時代の屋敷の美しいモザイクの床を見て、私にこう言ったものだ。「この日付を見てごらん。紀元455年だよ。ちょうどヴァンダル族がローマに入って略奪した年だ。ということは、帝国の端っこにいてもいい暮らしができるということを証明している!」彼はアメリカ帝国が第二次大戦後の世界の覇権を取ろうとし、1945年以後多くの無駄な戦争をして来たことを考えていたのだ。

Japan, having tried to create an empire of its own in the first half of the twentieth century, has lived ever since as a distant part of the American empire. With the exception of the poor Okinawans, most Japanese have benefited from that arrangement, rebuilding their country, their economy, and going about their private lives. But now, as the American empire enters what may be its final, self-destructive phase, Japan is suddenly being asked to become part of the front line. President Trump swears that he will destroy North Korea, with little thought that in doing so he will also destroy South Korea and very likely Japan.
20世紀前半、帝国を築こうとした日本はそれ以後アメリカ帝国の遠隔な一部として生きて来た。気の毒な沖縄の人々は別として、ほとんどの日本人はそのことから恩恵を被って、国や経済を再建し、個人生活を歩んで来た。でも、いま、アメリカ帝国が最後の自己破滅の段階に入っているとき、日本は突如として前線に立つことを求められている。トランプ大統領は、北朝鮮を破壊すると断言している。そんなことをすれば必ず韓国を、そしておそらく日本も破壊するだろうということにはほとんど考えもしていない。

I’m at a loss to understand why Prime Minister Abe has been so swift to kowtow to Trump and consider revising Japan’s peace constitution and creating a bigger army. Not only does this make the country a first-line target, but given its population decline recruiting more young men to fight does not seem like an optimum demographic strategy. If young Japanese women today are reluctant to bear children because of the lack of maternity leave, access to child-care, and the financial costs of raising them, what is their attitude likely to be toward a government that once again proposes sending their sons into war?
そんなトランプになぜ安倍首相が真っ先に額ずいて、日本の平和憲法を変え、より大きな軍隊を作り出そうと考えているのか、私には理解に絶する。そんなことをすれば日本を真っ先に攻撃目標にするし、減少している人口のことを考えれば若者を兵役に募ることは最適な人口政策をは思えない。日本の若い女性が出産休暇や保育所の不足や子育ての経済的な負担のために子供を産もうとしないのだったら、息子たちを戦争に送り出そうと提案するような政府に対してどう考えるだろうか。

On a somewhat lighter note, I’m pleased that the current emperor will be allowed to retire from his post in April of 2019, although given the fact that he turned 84 in December of 2017, and is in poor health, he may yet die while on the job. He is said to want to avoid the excruciating scenario of 1989, when his father, Emperor Hirohito, lay dying and was being kept artificially alive with almost daily blood transfusions. I was writing a monthly column for Seiron at the time, and I was so appalled at the treatment of the emperor that I wrote an angry column about how Americans wouldn’t treat a dog like that and discussed the then-growing hospice movement in the U.S. Seiron rejected that column, saying they would run it only after the emperor’s death, thereby rather blunting my message. While the Kunaicho was still dithering about what to do, I asked a journalist friend stationed in Japan what he thought would happen. “Oh,” he said, “they will pull the plug over the New Year’s holiday.” “Surely not,” I responded, thinking of that usually cheerful, hopeful time in Japan. But that was, indeed, what happened, while the banks were closed, so as not to disturb the stock market. I note that the current emperor’s retirement date was also adjusted so as not to conflict with a forthcoming election.
もっと明るいことを考えると、現天皇が2019年4月に退位することを許されてよかったと思っている。と言っても2017年12月で84歳になり、健康に問題があるということを考慮すると、天皇は退位する前に他界してしまう可能性もある。現天皇は1989年に父親の天皇裕仁が死に面しながらも日々の輸血で無理矢理生き続けさせられたというような状況を避けたいを思っていると漏らしたという。当時、私は『正論』に月に1度コラムを書いていたのだが、天皇の置かれた状態に呆れ返り、アメリカ人は犬だってそんな扱いはしないと憤然とした口調で述べ、当時広がり始めていたホスピス運動について書いた。『正論』はそれを受け入れず、天皇が他界して、私の口調がきつく感じられなくなったら掲載すると言った。宮内庁はまだどうしたらいいか迷っているようで、私は日本に駐在していた友人のジャーナリスにどうなるのと思うか聞いて見た。「ああ、正月休暇のころに延命措置をやめるだろう」と言った。だいたいいつも陽気で希望に満ちた時期の日本のことが頭にあった私は、「まさか」と言ったものだ。でも、確かに、 株式市場を混乱させないように、銀行が閉まっている間に彼の言った通りのことが起こったのだ。現天皇の退位の日付が選挙と重ならないように調整されたということも記しておこう。

Despite their reputation for being polite and evasive, Japanese can be as astute and blunt as anyone. So I hope that in this Year of the Dog, they will not continue to lick the hand of President Trump but will instead go their own way and continue to enjoy the peace and prosperity that have been theirs since the end of World War II.
慇懃無礼でものをはっきり言わないという定評にかかわらず。日本人もどの国の人々同様、抜け目がなく、ぶっきらぼうにもなる。それで戌年の今年には日本人はトランプ大統領の手をぺろぺろなめることはやめて、第二次大戦後持ち続けて来た平和と繁栄を謳歌する道を別個に歩んで欲しいと私は願っている。


(訳:雨宮和子)
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
僕の偏見紀行
時津 寿之
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
25 改善された私の目
24 Looking Ahead 新年に向けて
23 チャルマーズ・ジョンソンと沖縄
22 ジョン(下)
21 ジョン(上)
20 ポリー
19 さらば、オランダ
18 いとこのハンス ―その後(2)
17 いとこのハンス − その後(1)
16 いとこのハンス
15 子どもを持たなかった理由
14 口を開く前に…
13 猫になったのかもしれない私
12 猫と人間
11 ヨコハマ・ヤンキー
10 前を向くか、後ろを向くか
9 アリゾナ展望
8 旧知の仲
7 愛した猫たち(下)
6 愛した猫たち(上)
5 フクシマとサンオノフレ
4 日本語ができない私
3 吉祥寺 ― 1961年と50年後
2 チャルのベンチ
1 死を迎えるためのビジネス
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 9 2 6 4 6 0 0
昨日の訪問者数0 2 4 6 1 本日の現在までの訪問者数0 0 9 6 9