1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
ガルテン〜私の庭物語
19 アフリカ 〜エチオピア・アディスアビバに旅してから
2020年1月2日
原田 美佳 原田 美佳 [はらだ みか]

東京都出身。学生時代から長年関わった韓国文化院を2015年末に退職。現在は、日本ガルテン協会の広報部長の仕事をしながら、これまで関わってきた韓国文化を日本に紹介するための著作、交流活動を中心に自分のライフワークを模索中である。共著書に『コンパクト韓国』(李御寧監修)、『読んで旅する韓国』(金両基監修)、「朝鮮の王朝の美」、『朝鮮王朝の衣装と装身具』などがある。
▲ ボレ国際空港 ボレ国際空港
▲ 王の館 エントット山
▲ アディスアベバ・ライトレール

アフリカというと、まだまだ大草原だったり、サバンナ、野生の王国のようなものをイメージしがちだ。数年前に、妹についてエチオピアに行くことになったときに、首都のアディスアベバといってぴんと来るものは正直なかった。
エチオピアには古事記よりも古い神話「ケブラナガスト」が存在する。BC1000年に、ソロモン王とシェバの女王の息子であるメネリク1世が初代皇帝として即位。
また、世界の中で、約3000年の皇室の歴史を共有するのが、日本との二国だともいわれるが、1974年、最後の皇帝ハイレ・セラシエを最後に皇室が途絶え、エチオピア帝国は、革命をもって現在の「エチオピア連邦民主共和国」へと姿を変えた。エチオピアは、アフリカで独立を守り抜いた栄光の国でもある。
このように、ソロモン王とシェバの女王、皇室外交、支配されたことのないアフリカの栄光の国…とはいえ、誰でもああという知名度の高さは、やはり東京五輪でも走った裸足のアベベ選手と、エチオピア・コーヒーだろう。

ドバイ経由、パリ経由などがあるが、エチオピアに直行便というのがあるのもちょっと驚きだったし、アディスアビバに到着すると、乗り継ぎ便にみな走るようにして散っていった。私たちもエチオピア航空機を降りて、皆の後を歩いていたらうっかり乗り継ぎ方向に行くほどだった。エチオピアで降りた人はあまりおらず、まさにアフリカ各地への中継地であったのだ。
市内に行くと、中国人などによる建築ラッシュでもあるが、けっこうビルがずらりと並び、上を電車が走り、車も渋滞する新興国の大都会であった。

アディスアビバは2500mの高地にあるのだが、初日に3000mのエントット山というので高度をおもうと大丈夫かと心配したが杞憂であった。ここには、1876年に建設されたマリアム教会とメネリク2世の時に置かれた王の館がある。
眼下の町を一望して名づけたのが首都アディスアビバ(アムハラ語で新しい花)だ。
王の館は、韓国の船橋荘のように、同じように王室ゆかりの住まいだが、なぜかなつかしい感がした。品位がありながらも、人が生活していた感があり、日本と同じような木と土と、どこか見慣れた造りのためかも知れない。ハイレ・セラシエ皇帝が1956年、訪日時に見た庭園を気にいって日本庭園を造らせるほど何か共感できるものがあったのだろう、皇太子時代の上皇陛下も訪れたといわれる。
王はここに住み、バンケットルームで宴会を開いた。入り口は、王専用、客用、使用人用に分かれていて戸の高さも違う。主食のインジュラの材料を女性が干していた。

 こんな感じで始まったアフリカ旅行だったが、妹は、昨年の横浜でのアフリカ会議参加だけではなく、チュニジア、南アフリカ…とあちこち行くので、いろいろなアフリカ製品が増えた。
わが家でも母が最近はテレビでもアフリカのことがしょっちゅう放送されているというほど関心度があがっている。いまは、ボツアナのオカバンゴのサファリの旅に行っているので、当分は野生動物の話題で盛り上がりそうだ。



最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
NEW
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
僕の偏見紀行
時津 寿之
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
20 衣装を引き継ぐ
19 アフリカ 〜エチオピア・アディスアビバに旅してから
18 許榮一先生との出会い、1999年 −1
17 韓国文化院 開院40周年
16 女性の刺繍に託した思い
15 縁側
14 ひなまつり
13 楽友協会 〜ニューイヤーコンサート
12 ウィーン1999年 〜シェーンブルン宮殿日本庭園開園式
11 ソウル’88オリンピック〜30年前
10 ポジティブ・シンキング〜大国未津子さんのこと
9 翔和苑〜二河白道とヤン・レツル
8 平等院庭園の模型
7 花見
6 金徳洙さんとサムルノリ
5 我が家のお雑煮
4 トイレいろいろ、そして絶景トイレ
3 緑の桜
2 日比谷公園と本多静六氏
1 シーボルトが導いた日本庭園
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
1 1 1 4 2 4 3 7
昨日の訪問者数0 1 4 4 0 本日の現在までの訪問者数0 0 8 6 0