1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
以前の記事
ガルテン〜私の庭物語
32 米寿を寿ぐ
2021年9月8日
原田 美佳 原田 美佳 [はらだ みか]

東京都出身。学生時代から長年関わった韓国文化院を2015年末に退職。現在は、日本ガルテン協会の広報部長の仕事をしながら、これまで関わってきた韓国文化を日本に紹介するための著作、交流活動を中心に自分のライフワークを模索中である。共著書に『コンパクト韓国』(李御寧監修)、『読んで旅する韓国』(金両基監修)、「朝鮮の王朝の美」、『朝鮮王朝の衣装と装身具』などがある。
▲ 米寿祝いの色紙
▲ 米寿の御祝いを渡す
▲ お祝い料理の八寸など
父の米寿お祝いには早くから、和食を世界遺産に押し上げた立役者である京都の和食店菊乃井の赤坂支店に食事会の予約をしていた。
小学生にあがったばかりの甥っ子は、ずっと座っていられるのか、納豆といくらしか食べないほど好き嫌いの多いのに食べられるのかなどいろいろと心配しつつ、毎月行くたびに少しづつ料理の好みや食材の希望、仲居さんのことなどの打ち合わせを窓口になってくれたYさんらと重ねた。

色紙に寄せ書きしてはどうかと妹が準備してくれた。せっかくなので、ありきたりではなく、絵の得意な弟にチェコ・ピルゼン市に作庭した翔和苑の絵を描いて貰おうということとなった。
これまで父は趣味からライフワークともなった日本庭園を、オーストリア・ウィーン、韓国霊岩や国内では京都や堺などで作庭している。
ちょうど翔和苑は、紹介する講演会の準備の一環で、作庭当時のTV番組を皆で見たばかりだったことや、大鶴が二河白道の上をチェコ人ヤン・レツルが設計した産業奨励館、後の原爆ドームに見立てた三尊石組に向かって飛翔していくという庭園で、日頃、平和を願い反戦歌を歌う父のテーマに合っているということで、色紙の図柄にいいのではということだった。
下絵を見ると欲が出て、これまで作庭した7つの庭を全部描いたらどうかとなり、少しづつメインテーマが描かれた。妹も母も思い入れの庭園もあり、もう少し描き込んで欲しいなどといろいろと要望もあり、結局、色紙のほぼ全部が庭園の絵で埋まることとなった。絵としてはまとまっていい感じとなり、後から絵として使えそうだという。今度は寄せ書きするスペースがあまりなくなってしまい、どこに誰が書くのか、寄せ書きは少し透明性のある半紙にすれば、紙質は落としたくないなど意見はあったが、最後は弟の意見で完成となった。
母は早くから四文字熟語すると決めてあったが、次に渡すまでの時間もあまりなくなり、私は2、3分で書き、妹が色紙を持ち帰り、弟の家に回すことになった。寄せ書きでは、甥っ子の悠生が個性的な字でひときわ際立ち、やられたと言いつつも、皆、その伸び伸びした字をみて将来に希望を持った。
また、父が色紙の出来にたいそう喜び、さらに、孫の悠生は別に一人で猫の貼り絵を作ってきていて父を喜ばした。

心づくしの料理に舌鼓を打った食後は、妹の米寿を祝う詩吟に続いて、博多の祝い唄である「祝い目出度(祝いめでた)を自ら朗じた。この祝い目出度は、櫛田神社の7月の夏祭り「博多祇園山笠」の最終日の「追い山」で一番山笠が櫛田神社入りする際に唄われる民謡で、結婚式や宴席といったお祝いの席でよく唄われる福岡県の「祝い唄」。サビの部分で、「エイショーエー」と繰り返される。
帰り際には、板前のDさん、前の花板さんのAさん、Mさんをはじめ、皆、次々と御祝いを述べに出てきて下さり、何よりの一日となった。
元気で長生きして欲しいものだ。
ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
僕の偏見紀行
時津 寿之
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
32 米寿を寿ぐ
31 夏を楽しむ
30 玄琴(コムンゴ)は天の色である「玄」を象徴する楽器〜李世煥先生
29 紫陽花の頃 オタクサ
28 月出山と猫  〜王仁博士、「神仙・太極庭園」
27 一度は泊まってみたい名建築旅館
26 あかあかや あかあかやかや あかあかや あかあかやかや あかあかや月
25 美しさの追求
24 新春を寿ぐ
23 「四絶」とも呼ばれる特産品 龍井茶
22 六義園のテーマあれこれ
21 天下の憂いに先だって憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ〜後楽園
20 衣装を引き継ぐ
19 アフリカ 〜エチオピア・アディスアビバに旅してから
18 許榮一先生との出会い、1999年 −1
17 韓国文化院 開院40周年
16 女性の刺繍に託した思い
15 縁側
14 ひなまつり
13 楽友協会 〜ニューイヤーコンサート
12 ウィーン1999年 〜シェーンブルン宮殿日本庭園開園式
11 ソウル’88オリンピック〜30年前
10 ポジティブ・シンキング〜大国未津子さんのこと
9 翔和苑〜二河白道とヤン・レツル
8 平等院庭園の模型
7 花見
6 金徳洙さんとサムルノリ
5 我が家のお雑煮
4 トイレいろいろ、そして絶景トイレ
3 緑の桜
2 日比谷公園と本多静六氏
1 シーボルトが導いた日本庭園
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
1 3 1 8 6 6 0 0
昨日の訪問者数1 0 3 0 1 本日の現在までの訪問者数0 0 7 8 5